« More Music | メイン | Sailing free PV »

「Oh!JaMa」presents戦国BASARA トーク&ライブ supported by amlux

アムラックス東京 B1F イベントステージ
15:00

2009041102.jpg

 入場整理券が11:00から配布とのことだったので、9:30頃にアムラックス前に到着。確か4人目。OLIVIA目当ては少ないとしても、戦国BASARAのファンは多いだろうと思っていたのに意外と並びが少なくてびっくり。しかもボクの前後にいたヒト達はOLIVIA界隈では見たことない顔だし、妙にアイドルの話をしていると思ったら時東ぁみ目当て。時東ぁみをすっかり忘れてました┐(´ー`)┌ 。整理券を貰って一旦撤収。

 集合時間になりアムラックスB1Fへ。とりあえず10番単位で並ぶ。開場は14:40の予定でしたが、OLIVIAのステージリハが長引いた為さらに15分くらい待つ。その間ずっと後方でリハ見れた。リハの段階で3曲さらっと歌ったのでセットリストが判ってしまいました(`д´)ノ。衣装はベージュのワンピースにヒールが低めのミュール、自作の髪飾り。リハ時は何か羽織っていました。

リハが終わり、整理番号順に入場。席は自由。リハを見ていて、OLIVIAはステージ中央でカウンターチェアに座りながら歌ってましたが、前に楽譜&スタンドを置くので正面だと見づらそう。よって最前上手エリアの一番中央寄り確保(要はKansei正面)。

時間になり番組収録開始。MCは山本昇、時東ぁみ。
OLIVIAは番組の後半あたりで歌って終わりくらいに考えていたのに、番組開始してすぐに登場。今回はアコースティックVer.ということで、いつもならfadeのKanseiのギターサポートだけですが、今回は初の試みということで、もう1人ギターでボーカル+ダブルギターの構成。3曲目の『Tell me』の途中くらいから喉が乾いてボーカルが出づらくなり途絶える場面も。マイクを通さずに咳払いしてごまかしながら歌いきった感じです。

1.a little pain
2.Sailing free
3.Tell me

※全てAcousticVer.

ライブが終わって10分くらいMCとトーク。
その後「戦国BASARA」プロデューサーの小林裕幸氏がトーク。
営業トークかもしれませんが、小林氏は以前からOLIVIAのファンだったので、オファーしたとのこと。今回初めて生でOLIVIAのライブを見たらしいですが、客席から見えない柱の影でノリノリだったそうです(・∀・)。その後再度OLIVIAが登場して一緒にトーク、最後に「戦国BASARA」のポスターに全員のサインをしたものを巡ってじゃんけん大会。一発でOLIVIAに負ける_| ̄|○ 。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://santos.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2298

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)